[ad]サンスポ公認競馬コミュニティ誕生!
競馬のまぐまぐ!
『まぐまぐ!』は、約30,000誌のメールマガジン、1,000万人を越える読者に利用されている日本最大のメールマガジン配信サービスです。

2006年12月31日

第83回箱根駅伝

第83回箱根駅伝 1/2・3日
◎駒澤大学 7位
東海大学 3位
順天堂大学 優勝
箱根駅伝の前哨戦、全日本大学駅伝を制した駒澤大学は総合力から優勝候補一番手。宇賀地強ら1年生がここに来て力をつけてきていて、往路、復路で極端な順位の落ち込みがなければ優勝争いは確実。
東海大学は、伊達秀晃、佐藤悠基と大学長距離界のスーパースター二人を擁するが、この二人以外の選手のがんばりがカギ。
順天堂大学は前回、往路で優勝したが、復路が10位で総合は4位に後退。山上りのスペシャリストと今井正人がいて今回も往路は上位必至。昨年のメンバーが多く残って、復路の頑張り次第では優勝も十分狙える。
posted by 新マネー競馬+ at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | スポ、芸能NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月29日

06JRAリーディング

 騎手ベスト5+1
順位 名前 1着 2着 3着
武 豊 178 118 111 383
藤 田 127 127 88 560
岩 田 126 114 115 597
安藤勝 120 84 73 348
横山典 113 87 61 399
後 藤 107 83 85 557


 生産牧場ベスト5
順位 生産牧場 賞金額(含付加賞)
ノーザンファーム 83億9835万1000円
社台ファーム 66億5157万3000円
白老ファーム 21億7615万5000円
下河辺牧場 9億9253万9000円
追分ファーム 9億2695万0000円
posted by 新マネー競馬+ at 23:48 | TrackBack(0) | 競馬雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月26日

若槻千夏の涙のわけ

病気療養から復帰して「スーパー競馬」の最終回に出演した若槻千夏(24)は、有馬記念を馬単でズバリ一点的中!そして番組最後に族束をもらって思わず涙していたが…。

実はこの涙、番組最後で極まって出た涙かと思いきや、なんと失恋の涙だった?!

お相手はフジテレビの関係者!?
この涙の真相を若槻自身が生放送で告白した。
スーパー競馬の収録後若槻は、25日未明に放送された「明石家サンタ史上最大のクリスマスプレゼントショー」に電話で生出演。
番組恒例の「クリスマスの不幸自慢」で司会の明石家さんま(51)から、スーパー競馬で泣いていたことなどを問われ、
「片思いの人がいたんですが、23日に彼女がいたことが分かったんですよ」
とシンミリ。
そして片思いの男性について
「八木さん(元フジアナ八木亜希子)も知ってるあの人です」と爆弾発言!した。

(「夕刊フジ」、12/25放送「スクランブル」より)

posted by 新マネー競馬+ at 14:28| Comment(0) | TrackBack(0) | スポ、芸能NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月25日

メジャー 粘った!

競馬ランキング

メジャー価値ある3着〜有馬記念
3番人気に推されたダイワメジャーは持ち前の先行力を生かして3着に粘り込んだ。距離不安もささやかれていたが、大一番で結果を出した。道中は終始2番手を追走し、自ら逃げ馬をとらえての好走に安藤は「リズム良く走ったし、ペースが上がったところでも楽に動けた。最後も我慢したし、いい走りができたと思う。ベストは2000メートルくらいだと思うが、これならレースの選択肢が広がる」と笑顔を見せていた。

2着ポップしてやったり〜有馬記念
激しい2着争いを制したのは有馬記念3勝のペリエが手綱を取った6番人気ポップロックだった。道中は先行集団の内側でじっくりと脚をタメて、直線はメイショウサムソンの外に持ち出すと激しいアクションで追い出し末脚を伸ばした。ペリエは「もう少し前に位置するつもりだったが、ペースが速かったのであの位置に。4コーナーで内を突いて直線はうまく抜け出せた」としてやったりの表情を見せていた。
(スポニチ)

posted by 新マネー競馬+ at 16:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月24日

文句なしディープインパクト

ディープインパクトが引退レース飾る!…有馬記念

 第51回有馬記念は、24日、中山競馬場の芝2500メートルを14頭が争い、このレースを最後に引退するディープインパクト優勝した。2着には3馬身差でペリエ騎乗のポップロックが入った。3着馬は天皇賞馬のダイワメジャー

 武豊騎手「プレッシャーはあったが、ディープがよく頑張ってくれた。2年間一緒に過ごせたことは本当に幸せだった。ファンの熱心な声援に力づけられた」

 池江泰郎調教師「もうこれが最後かと思うと胸がいっぱい。何も言うことはない。一番の思い出は、夢の夢だったダービーを取ったとき。ディープにありがとうと言いたい」

 ◆ディープインパクト 父サンデーサイレンス、母ウインドインハーヘア(父アルザオ)、牡4歳の鹿毛。戦績14戦12勝(内海外1戦0勝)。主な勝ち鞍・05年皐月賞、ダービー、菊花賞、06年天皇賞・春、宝塚記念、ジャパンカップ。総収得賞金14億5455万1000円。生産者・北海道安平町(旧早来町)のノーザンファーム、馬主・金子真人ホールディングス、栗東・池江泰郎厩舎所属。
(スポーツ報知)

ビールディープインパクトの分析はもう必要なしと、相手探しに専念したんだけど馬券、結局獲れなかったよー。でも、満足のラストランに乾杯。
posted by 新マネー競馬+ at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月23日

藤田伸二騎手、飲食店従業員に暴行

競馬ランキング

藤田伸二騎手、飲食店従業員に暴行
 日本中央競馬会(JRA)の藤田伸二騎手(34)が飲食店の従業員に暴行したとして、滋賀県警草津署に事情聴取されていたことが22日分かった。事件当時かなり酔っていた藤田騎手は、従業員の接客態度の悪さに平手打ちを食らわしたという。JRAは23日と24日、藤田騎手が予定していた阪神競馬場での20レースすべてを騎乗停止処分とし、近日中に裁定委員会を招集して「厳しい処分を下す」と発表した。

 草津署の調べでは、藤田騎手は20日夜から滋賀県栗東市内での忘年会に出席し、その後関係者数人と2次会に繰り出したという。

 翌21日午前1時半ごろ、同市安養寺の飲食店を出ようとタクシーを呼んだ際に、藤田騎手が男性店員の口調などに立腹。「外に出ぇや」との口論になり、店外で店員の右ほおを左手でパチン。被害者の店員は「ほおを平手でシバかれた」と話したという。

 すぐ店側が110番通報。署員が駆けつけたときには、静かになっていたが、その場に残っていた藤田騎手が店員をたたいたことを「間違いありません」と認めたため、同署まで連行して事情聴取した。当時の藤田騎手は、かなり酒に酔っていたという。殴られた店員は外傷はなかった。同署では週明けに暴行容疑で書類送検する方針。

 藤田騎手は面倒見のいい兄貴分で、後輩騎手からも慕われる存在。茶髪に耳ピアス、背中にはタトゥー(入れ墨)を彫り込み、熱狂的なファンが多かった。「男・藤田」を意識し、あいさつなどの礼儀を重んじることで有名
(日刊スポーツ)

競馬ブログ、サイトを網羅した競馬サーチ.com
posted by 新マネー競馬+ at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月22日

第51回ラジオNIKKEI杯2歳S(G3)

第51回ラジオNIKKEI杯2歳S(G3)
2006年12月23日(土)
芝内 2000m サラ系2歳 オープン (混合)(特指) 馬齢

アサクサキングス(社台F)
アサクサキングスは新馬、百日草特別と2連勝。2戦とも折り合って、仕掛けられてからの瞬発力は見所がありました。レースぶりから距離延長でも大丈夫な感じですし、中間の動きも悪くなく強豪相手もそこそこやれるはずです。馬場差はありますが、東京スポーツ杯2歳Sを上回った百日草特別のタイムから素質は高いでしょう。

競馬ブログ、サイトを網羅した検索サイト 競馬サーチ.com
posted by 新マネー競馬+ at 08:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 注目馬、期待馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月21日

第51回有馬記念(G1)…2

第51回有馬記念(G1)
2006年12月24日(日)
芝 2500m サラ系3歳上 オープン (混合)(指定) 定量

ドリームパスポート(白老F)
ドリームパスポートはJCでディープインパクトに2馬身差を付けられましたが、一旦内からあわやのシーン、今度は瞬発力が最大限に生きる中山に替わってその差は確実に狭まるでしょう。
菊花賞はレコード決着の超ハイペース、それを二の脚を使って上がり34.0秒はこの馬の強さの証、春先は追い込み脚質も、ここにきて器用さと決め手、破壊力と一段とパワーアップしたのが感じ取れます。
展開的に魅力がある今回、スムーズな競馬で頭取りも十分考えられます。

posted by 新マネー競馬+ at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 注目馬、期待馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月20日

新刊「三角のマリリン」

三角のマリリン 瀧澤 陽子競馬場の馬主席に自動販売機が1台もないのはなぜ?
自動券売機で締め切り間際に起きたアクシデントの顛末は?

中山競馬場で33年間、馬券売場に勤めていた競馬に詳しい熟女が、競馬ライターに転身して、過激に競馬を語り尽くす。

posted by 新マネー競馬+ at 09:39 | TrackBack(0) | 競馬雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月19日

第51回有馬記念(G1)

第51回有馬記念(G1)
2006年12月24日(日)
芝 2500m サラ系3歳上 オープン (混合)(指定) 定量

ダイワメジャー
ダイワメジャーは、この秋、毎日王冠、天皇賞、マイルCSと3連勝、切れはないが先行して押し切る競馬は安定しています。今回は距離が問題視されていますが、右回りはもともと得意ですし、克服している中山は、コーナー6回で味方に出来ます。「距離は大丈夫」という安藤騎手のコメントにあるように、充実期の今なら難なくクリアしてしまうかもしれません。折り合いの心配もなく、直線先頭で見せ場を作ってくれるのを期待します。

posted by 新マネー競馬+ at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 注目馬、期待馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月18日

ディープインパクト順調

現役最終戦に挑むディープインパクトは17日未明、栗東トレセンで気持ちのこもった動きを披露した。
まずは坂路。ゆったりとしたスピードで800メートル77秒3を刻んだ。スタートからゴールまで、首を振ったり、後肢を跳ね上げるようなしぐさは一切なし。首をグッと下げ、気合をため込んだ。
そしてD(ウッドチップ)コースに入り、軽快にスピードを上げていく。薄暗い照明だけで馬の動きは非常に見づらいがインパクトだけは、はっきりと認識できる。後肢の蹴り上げが他馬よりはるかに大きいからだ。首を下げ、集中力を持続したまま調教スタンド前を駆け抜けていく。時計は42秒8〜13秒9を刻んだ。その後も14秒台のラップで400メートルほど流した。圧勝した前走・ジャパンC前の日曜も、ここまでの迫力はなかった。
(スポニチ)
posted by 新マネー競馬+ at 10:41| Comment(0) | TrackBack(1) | 競馬NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月17日

中山11R フェアリーステークス(G3)

中山11R フェアリーステークス(G3)
◎カノヤザクラ
シベリアンクラシカ
ニシノマオ
デュークラヴィング
デュークラヴィングの前走、新馬戦は先行して早めの抜け出し、後続を寄せ付けない走りでした。芝の適性がどうかですが、はまれば一発も。ここ経験のシベリアンクラシカ、調教動いて上向きニシノマオ。
posted by 新マネー競馬+ at 15:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

有馬記念へすでに徹夜組

有馬記念(G1、芝2500メートル、24日=中山)に向け、徹夜組の戦いがすでに始まっている…(日刊スポーツ)

ディープインパクトのラストランに向けて徹夜ですか、最後の雄姿をいい場所で見ようということですね。

ロト6攻略
posted by 新マネー競馬+ at 11:31 | TrackBack(0) | 競馬NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月16日

中山11R ディセンバーステークス

中山11R ディセンバーステークス
◎ブラックタイド(ノーザンF)
ルーベンスメモリー(社台F)
ブラックタイドの前走は包まれてダメと思ったところから、直線追い上げて2着。まともなら力があるんだなというところを見せてくれました。休養明けから4戦してようやく気が入って来た感じです。中山1800メートルは、3歳時にスプリングSでダイワメジャーを破った舞台。近走の3戦はいづれも上がり34秒台で、少頭数のここはレースがしやすく末脚炸裂、久々の勝利のチャンスです。
相手は中山実績からルーベンスメモリー。前々の競馬で展開有利と見ます。
posted by 新マネー競馬+ at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月14日

第23回フェアリーステークス(G3)

第23回フェアリーステークス(G3)
2006年12月17日(日)
芝 1200m サラ系2歳 オープン (混合) 牝 (特指) 馬齢

カノヤザクラ
カノヤザクラの前走、ファンタジーSはもまれて位置取りも後方の競馬、馬体は絞れていて期待していましたが(3番手評価も馬券は買わず)、見せ場は作れませんでした。
新馬、かえで賞は前々の競馬でのびのび走っていて、先団で差す競馬が今は一番あっているように思います。中京の新馬戦(1200メートル)は、中団から押し上げて5馬身差の圧勝。かえで賞は1分20秒8のレコード勝ち。末脚はしっかりしていて中山の坂は適性がありそうです。
ファンタジーSの後は阪神JFに目もくれず、初めからここが目標で勝負気配も十分です。

競馬ランキング
posted by 新マネー競馬+ at 09:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 注目馬、期待馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月13日

ダンスインザムード引退 繁殖入り

10日の香港マイルで12着に終わったダンスインザムード(牝5)が引退、繁殖入りする。(12日、藤沢和師)
帰国した同馬は千葉県白井の競馬学校で輸入検疫に入ったが美浦トレセンには戻らず、宮城県山元トレセン経由で北海道千歳の社台ファームに向かう。
posted by 新マネー競馬+ at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月11日

オースミダイドウ骨折

JRAは11日、朝日杯FS(G1)で3着のオースミダイドウが左前足(橈骨遠位端)を骨折したと発表した。全治期間は未定。

外にふくれていたというコメントから、左前足に負荷が掛かりすぎたのでしょうか。過去の事例ですと完治に半年ぐらい掛かっていますので、春は絶望?かもしれません。

[ad]待合せ場所は競馬場!
posted by 新マネー競馬+ at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

12・23フジ系「うまッチ!」最終回

若槻千夏が40日ぶり復帰!
12・23フジ系「うまッチ!」最終回

11月4日に過労でダウンし休業していたタレント、若槻千夏(22)が23日放送のフジテレビ系「うまッチ!」(土曜深夜)で約40日ぶりに仕事復帰することが10日、分かった。同番組はこの日の生放送が最終回で、所属事務所では「なんとか滑り込みで間に合うことができて、ホッとしています」と胸をなで下ろしている。
また、復帰翌日の24日放送の同局系「スーパー競馬」(日曜後3・0)で同番組のレギュラーも卒業。有馬記念で若槻が応援してきた三冠馬、ディープインパクトのラストランを見届け、若槻も有終の美を飾る。後任は代役を務めてきた長野翼アナ(25)になる。(サンスポ)
posted by 新マネー競馬+ at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | スポ、芸能NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月10日

武豊騎手 騎乗停止へ

武豊騎手、6日間の騎乗停止
現地時間10日、6日に香・ハッピーバレー競馬場で行われた第9回インターナショナルジョッキーズチャンピオンシップの最終戦(7R)で、カリフォルニアマウンテンに騎乗した武豊騎手が審議の対象になっていた件について、6日間の騎乗停止の裁定が下った。なお、騎乗停止期間は12月25日以降になるため、24日の有馬記念でのディープインパクトへの騎乗は可能になる。(netkeiba.com)


posted by 新マネー競馬+ at 22:01 | TrackBack(0) | 競馬NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月09日

武豊騎手 失格か!

香港騎手交流戦の落馬事故で武聴取

武豊騎手(37)が6日に香港ハッピーバレー競馬場で起こった落馬事故の審議対象になっていることが8日分かった。

落馬が起きたのは同騎手が参戦した騎手交流戦「インターナショナルジョッキーズチャンピオンシップ」の最終第3戦(11頭立て)。騎乗したカリフォルニアマウンテン(2着)が8番枠から徐々に内に入って1コーナー手前で先手を奪ったが、その直後、後続馬群の中で落馬事故が起きた。レース後、3人の騎手が主催の香港ジョッキークラブから事情を聴かれたが、その中に武豊騎手も入っていた。落馬、負傷したライ騎手が入院したため、回復を待ってあらためて事情聴取し、10日に裁定が下される。もし失格となれば、国際ルールで日本での騎乗にも影響が出る。
(スポニチ)
posted by 新マネー競馬+ at 09:31 | TrackBack(0) | 競馬NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月08日

大西騎手 引退

97年ダービーをサニーブライアンで勝った大西直宏騎手(45、美浦=フリー)が、17日のレースを最後に引退。
既に引退届をJRAに提出、今後はジャパン・ホースマンアカデミーで後進の指導に当たる。

競馬ランキング
元JRA騎手・谷中公一のブログ
posted by 新マネー競馬+ at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月07日

ヒシアトラス 安楽死

ヒシアトラス、血管肉腫により安楽死
JRAは7日、10月9日の南部杯(交流GI)で2着したあと、血管肉腫で美浦トレセン競走馬診療所に入院中だったヒシアトラス(牡6、美浦・中野隆良厩舎)について、6日に安楽死の処置がとられたと発表した。
血管肉腫とは、血管内皮(血管の内側を覆う細胞)が腫瘍性に増殖し、全身の筋肉内に転移する悪性腫瘍で、現在のところ、有効な治療法は無いという。
(Keiba@nifty)
あんなに元気に走っていたのに。合掌。
posted by 新マネー競馬+ at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第58回朝日杯フューチュリティステークス(G1)

第58回朝日杯フューチュリティステークス(G1)
2006年12月10日(日)
芝 1600m サラ系2歳 オープン (混合) 牡牝 (指定) 馬齢

マイネルシーガル
以前はダービー馬を頻繁に輩出したレースも、ここ最近は後のラジオNIKKEI杯2歳Sに有力どころが回って混戦の傾向に。今年も勝てそうな馬が数頭見受けられ配当的には旨味がありそうです。

マイネルシーガルは、新馬、いちょうSと2連勝。特にいちょうSは落馬寸前の不利を受けながら、直線で力強い伸び。「向正面での不利。あれで馬もケガをしたようでダメージは相当あった。その影響で、この馬本来の末脚ではなかったが、それでも抜け出すんだから現時点ではレベルが違う」(レース後の後藤騎手)、とすると勝負根性は相当なもので、混戦に強いタイプと見ます。
調教は、フサイチギャロップ(4歳500万)、マツリダゴッホ(3歳1600万)と併せ馬。81秒9―39秒0、最後の1Fは馬なりで12秒6、2戦の内容から脚質は自在性があってマイル適性も十分、これなら中山の坂もきっちり上がれるはずです。

競馬ランキング
posted by 新マネー競馬+ at 14:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 注目馬、期待馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。