[ad]サンスポ公認競馬コミュニティ誕生!
競馬のまぐまぐ!
『まぐまぐ!』は、約30,000誌のメールマガジン、1,000万人を越える読者に利用されている日本最大のメールマガジン配信サービスです。

2007年05月30日

アドマイヤオーラも骨折

ダービーで3着に入ったアドマイヤオーラ(牡3歳、栗東・松田博)が左ヒザ骨折。
近日中に手術予定。全治6カ月の見込み。年内復帰は絶望的。

松田博師は「レース中にやったようだな」
と静かに語った。
posted by 新マネー競馬+ at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月29日

ココナッツパンチ骨折

目黒記念でメンバー最速の上がりで2着に好走したココナッツパンチ(3歳牡・大久保洋)が、レース後骨折していることが判明した。

骨折は左後肢の管骨で、全治3〜6ヶ月の見込み。これで菊花賞(10月21日)の出走が微妙に。

posted by 新マネー競馬+ at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月28日

競馬場でしか食べられない麺

儲かった日よりも、はずしまくった日に無性に食べたくなります「きね打ち麺」。客の少ないラーメン屋はこれをまねしたら今より客が増えると思うよ。一回食べてみるべし。

競馬場でしか食べられない麺
(Excite Bit コネタ)より引用
なぜか、競馬場でしか食することのできない、不思議な麺が、ある。

「きね打ち麺」。
東京競馬場と中山競馬場の飲食売店にて売られるメニューで、20年以上前から存在している。
「府中で一番うまいのが、コレなんだ。しかも、ここでしか食べられないんだよね」
大の競馬ファンと東京競馬場に行ったとき、彼も嬉しそうに、きね打ち麺を食べていた。

「うどんのようでうどんではなく、ラーメンに近いようでラーメンでもない。なんともいえない味なのですが、食感は、冷麺に一番近いですね。他では食べられない味です」
きね打ち麺を販売する、東京競馬場フジビュースタンド2F、ファストフードプラザ内にある、「きね打ち麺 阿多利(あたり)」の方が言う。
1杯540円。確かに、コシが強く少し透明感ある麺は、冷麺のものに一番似ている。

麺の原料は、「小麦粉、澱粉、ライ麦粉、卵白、デュラム粉、植物油、食塩、カルシウム(酒精保存)」とのこと。こう書かれた紙が、レジカウンター脇にはってある。すぐ隣には、「きねうちは麺千年の歴史を塗り変える新製法のおいしい麺です」とも書いてはってあるので、麺の独自性には誇りがありそうだ。
とはいえ、ネーミングの由来をたずねると、
「製麺所から運んでこられる箱に、もともとそう書かれていたんです。それをそのまま使わせてもらっているだけなんですよ」
と、けっこうおおらかだった。

醤油ベースのスープに麺の組み合わせは、サッパリしていて、阿多利の方が言うように、確かに「うどんのようなラーメンのような、でも何か違うおいしさ」だ。
乗っている具は、白菜、ニンジン、もやし、豚肉、わかめ、そして刻みネギ。けっこう具だくさんで、栄養バランスもよさそう。ここに七味唐辛子をたっぷりかけて味わうと、また格別だ。

せっかく競馬場に足を運んだんだから、やっぱり食べるものも楽しみたい。
「阿多利」という店名もまた、縁起がよさそうだし。なんとなく予想もはかどりそうな気もしてくる。
麺が食べられるのは、基本的にはレース開催日(当たり前だが)。
「大きなレースのときには、開門も早いので、メインに備えて、早めに来て食べる方も多いですね」

これから夏に向けて、さらに大きなレースが続く。
秋から冬にかけて、白い息をはきながら、あったかいこういう麺を食べるのも、また格別ではあるが、青々とした芝生に降り注ぐ初夏の日差しを感じ、レースの喧噪を聞きながらの競馬場グルメもまた、どこかピクニック気分で楽しい。

「競馬場に来られたことのない方にも、ぜひ一度、食べてもらいたいですね」
この麺を食べるためだけに競馬場を訪れる価値、オレは十分あると思います。
書いててまた食べたくなってきたし。
(太田サトル)

※東京競馬場、中山競馬場は、ともに別途入場料(200円)がかかります
(Excite Bit コネタ)

ダービー疲れ
posted by 新マネー競馬+ at 12:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬ファン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月27日

東京10R 東京優駿(G1)

東京10R 東京優駿(日本ダービー)(G1)
◎フサイチホウオー(ノーザンF)
ゴールデンダリア
フライングアップル
サンツェッペリン

タスカータソルテ(社台F)
ドリームジャーニー(白老F)
フィニステール
ゴールデンダリアは徐々に体重が減ってきてますが、その分締まって切れが増してきています。それよりもソエが完治したのがなによりで、トライアル快勝の要因の一つかもしれません。好位で競馬ができれば結構やるかもしれません。他に東京で◎に迫るレースをしたフライングアップルとスローになった時のサンツェッペリンの流れ込み。
馬券は◎から枠連勝負と3頭追加で◎1、2着にそれぞれ固定の3連単を少々…
posted by 新マネー競馬+ at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 07予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月26日

中京11R 金鯱賞(G2)

先週の予想
終わったレースでなんでもいいんですが、本命にしたのはザレマでなく◎ベッラレイアなのです。「本命、ザレマだったの」って言われると、体がかゆくなるんですよ(笑)

東京11R 優駿牝馬(G1)
◎ベッラレイア(ノーザンF) 2着
ザレマ(社台F) 10着

ザレマに見間違いです。
馬券ハズレの方が問題だが!
======

中京11R 金鯱賞(G2)
2007年5月26日(土)15:45発走 芝2000m
サラ系3歳上 オープン (国際)[指定] 別定
◎ローゼンクロイツ(ノーザンF)
スウィフトカレント(社台F)
マチカネオーラ
ローゼンクロイツは前走、中京記念で1分56秒9のレコード勝ち。一昨年の毎日杯以来約2年ぶりの重賞勝利で、ようやく低迷からの復活でした。3ヶ月の休み明けも、追い切りの動きも良く、体は出来ているように思います。この後、目標は宝塚記念のようですが、ここは前走と同じ中京芝二千メートル。相性のいいコースで確勝期待です。
スウィフトカレントは、疲労回復を優先して距離が長いとみて春天皇賞を回避。登録のあったシンガポール航空国際Cも辞退しての出走です。昨年の秋天皇賞でダイワメジャーの2着と切れも身に付け、スピード平たんコースも実績十分。追い切りの動き軽快で好勝負期待です。
マチカネオーラは当初からここが目標。前走エイプリルSは長期休み明け3戦目で2着と徐々に上向き気配です。中京コースは一昨年の中京記念で優勝。全5勝のうち左回りコースで4勝と左回り巧者。
posted by 新マネー競馬+ at 07:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 07予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月25日

井崎脩五郎さんの視点

井崎脩五郎の予想上手の馬券ベタ より引用。

注目の青葉賞を制したヒラボクロイヤル

今年の皐月賞はハイレベルだった。スタートからゴールまで、200メートルごとのラップタイムがすべて12秒3以内で推移したのである。どこにもゆるみがなかったのだ。ここにラップタイムを再録してみよう。

12秒2−11秒2−12秒1−11秒6−12秒3−12秒3−12秒3−11秒6−12秒0−12秒3

こんなふうに、どこにもゆるみがなかったのに、外の17番枠から出て2コーナーで早々と先頭に立ち、そのまま逃げ切ってしまったヴィクトリー。2番手に付けていってタイム差なしの2着に粘ったサンツェッペリン。前がバテてくれないのに上がり33秒9という強烈な脚をつかって同じくタイム差なしの3着に追い込んできたフサイチホウオーの3頭は、相当に強い。

では、これらがダービーでも上位を独占するかというと、そうとも言い切れないのだ。

じつは、スタートからゴールまですべてのラップタイムが12秒3以内だったハイレベルな皐月賞が、今年以前に3回ある。

ナリタブライアンが勝った平成6年(12秒2以内)。
ノーリーズンが勝った平成14年(12秒2以内)。
メイショウサムソンが勝った平成18年(12秒3以内)。

こういう年のダービーがどんな馬で決まっているかというと、

平成6年

 1着 ナリタブライアン(皐月賞1着)
 2着 エアダブリン(青葉賞1着)

平成14年

 1着 タニノギムレット(皐月賞3着)
 2着 シンボリクリスエス(青葉賞1着)

平成18年

 1着 メイショウサムソン(皐月賞1着)
 2着 アドマイヤメイン(青葉賞1着)

つまり、どの年も、皐月賞で上位1〜3着に入った馬と、青葉賞優勝馬の組み合わせで決まっているのである。

全ラップタイムが12秒3以内というハイレベルな皐月賞に対応して上位に入ったスピード馬に、2400メートルの青葉賞を制した馬がスタミナにものをいわせて襲いかかる−というのがパターンになっているのである。

今年、青葉賞を制したのはヒラボクロイヤル。
父はダービー馬タニノギムレットで、芝2000メートル以上では〔3100〕と連対率10割。パターンどおり、皐月賞組にとって最大の強敵である。

(サンデー毎日 2007年6月3日号)から引用ここまで。

青葉賞、もし不利がなければ勝っていたかもしれなかったあの馬は?…
競馬ランキング
posted by 新マネー競馬+ at 08:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月24日

第121回目黒記念(G2)

第121回目黒記念(G2)
2007年5月27日(日) 東京12R 芝2500b
サラ系3歳上 オープン (国際)[指定] ハンデ

ココナッツパンチ(社台F)
まだ出走が確定していませんがとりあえずココナッツパンチ!
トライアルを使わないということでダービーに出れないのではと心配していましたが、現時点でその不安が的中しそうで残念です。今のところ出走決定順で20番目で除外対象です。
除外なら白百合Sか目黒記念のどちらかのようですが、ぜひ目黒記念で古馬に挑戦してほしいものです。デビュー2戦目の弥生賞の走りから潜在能力は相当のもの。ダービーを上回る脚を同じ直線で披露してくれたらと期待します。
posted by 新マネー競馬+ at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 注目馬、期待馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月23日

第74回日本ダービー(G1)

第74回東京優駿(日本ダービー)(G1)
2007年5月27日(日) 東京10R 芝2400b
サラ系3歳 オープン 牡・牝 (指定) 定量

フサイチホウオー(ノーザンF)
皐月賞(G1)は、メンバー最速タイの上がり33秒9を繰り出し、猛然と追い込んで3着。後ろ過ぎた位置どりとコースどりが災いしました。今更タラレバを言っても始まりませんが、内容的に一番強い競馬をしたのはホウオーであるというのは確かでしょう。東京コースは、新馬戦、東京スポーツ杯2歳S、共同通信杯を勝ったコース。中山コースに比べスムーズにレース運びが見込めるだけに、ダービー馬候補の筆頭と言えます。
posted by 新マネー競馬+ at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 注目馬、期待馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「大塚牧場」経営者ら逮捕

就労資格がないと知りながら外国人を牧場作業員として働かせたとして、北海道警浦河署などは22日までに、入管難民法違反(不法就労助長)容疑で、北海道新ひだか町の「大塚牧場」経営者大塚信太郎(68)=新ひだか町三石本桐=と、長男の牧場長健太郎(38)=同=、ニュージーランド人の競馬調教師ケリー・ナイチンゲール(45)=浦河町西舎=の3容疑者を逮捕した。
 大塚牧場は、菊花賞や天皇賞などのGIレースを制した「ヒシミラクル」など多くの名馬を生み出した名門牧場。
 調べによると、大塚容疑者ら3人は3月6日に短期滞在の在留資格で入国した2人のオーストラリア人男性を、就労できないことを知りながら、5月5日までの間、同牧場で清掃や馬の餌やりなどの作業に従事させた疑い。

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2007052201064
(時事通信)

新刊 万馬券の9割を狙える方程式―穴をあける馬は最初から決まっていた!
posted by 新マネー競馬+ at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月22日

エージェントの正体とは?

武豊、大不振の裏にあるエージェントの正体とは?

ダービーを控えた競馬界を見渡すと、ある異変が起きていることに気づく。
天才騎手・武豊が大不振なのだ。
「例年、断トツの勝利数でほかの騎手の追随を許さない武が、今年は5月1週終了時点で、全国6位。トップの安藤勝己に20勝以上水を開けられているんです」(スポーツ紙競馬担当記者)
 数々の輝かしい記録を持つ天才に何があったというのか?
「騎乗停止処分で出遅れたことも一因ですが、それ以上に、競馬専門紙Kの記者たちがエージェント集団を結成し、安藤、岩田康誠、四位洋文、福永祐一といった有力騎手を確保。今までなら武が騎乗していたような一流馬を、その騎手たちに回しているんです」(同)

続き↓
http://news.livedoor.com/article/detail/3170445/
(ライブドアスポーツより)

「超マル得ダービー祭り」を開催中!凄い競馬サイト
posted by 新マネー競馬+ at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月21日

愛人に八百長告白?

八百長画策記事 週刊現代が掲載 21日発売号

大相撲の八百長疑惑を報じている週刊誌の「週刊現代」が21日発売号で、宮城野親方(元十両金親)が弟子の大関白鵬を横綱に昇進をさせるために八百長を画策したとする記事を掲載する。

 記事によると、宮城野親方は白鵬が初の綱取りに挑戦した昨年7月の名古屋場所で、横綱朝青龍ら4人に計900万円を支払い、白鵬に勝たせるよう依頼した。宮城野親方が今場所直前、知人の女性に話したもので、会話の内容は約9時間に渡ってテープに収められているという。白鵬は昨年名古屋場所で千秋楽に朝青龍を破るなど13勝を挙げたものの、昇進は見送られた。

 宮城野親方は「お答えすることはありません」と話し、北の湖理事長(元横綱北の湖)は21日に会見を開く意向を明らかにした。
(産経新聞)
posted by 新マネー競馬+ at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | スポ、芸能NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月20日

東京11R 優駿牝馬(G1)

東京11R 優駿牝馬(G1)
2007年5月20日(日)15:40発走 芝2400b
サラ系3歳 オープン 牝 (指定) 定量
◎ベッラレイア(ノーザンF) 2着
ザレマ(社台F) 10着
ローブデコルテ 1着
スマートストーム 18着
廻ってきたチャンスを活かすことができるか秋山騎手。スムーズな競馬なら上位必至。直線届くかどうかのワクワク競馬を楽しみましょう。
posted by 新マネー競馬+ at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 07予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中京11R 東海S(G2)

中京11R 東海ステークス(G2)
◎キクノアロー 9着
シャーベットトーン(白老F) 3着
オリンピアンナイト(白老F) 10着
キクノアローの前走は、ワイルドワンダーの強脚に屈して2着。斤量差がなければもっときわどい勝負が出来たかもしれません。今回も58キロですが、他は57キロ。折り合いに不安がないので距離も大丈夫でしょう。ここまで堅実な脚はさらに強化されて、ここは勝ち負けと見ます。
posted by 新マネー競馬+ at 12:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 07予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月19日

東京11R 立夏S

東京11R 立夏ステークス
◎ブレイバー 5着
アドマイヤキラメキ(ノーザンF) 13着
マイティスプリング 7着
◎ブレイバーは前走気を抜くクセをだしてなければ勝っていたかという内容。1600万下昇級初戦で(ハナ+ハナ)の3着ならここでも好勝負でしょう。同じレースで差のなかったアドマイヤキラメキはマイペースなら見せ場十分です。休み明けを2戦使って上向きのマイティスプリングは、オープン勝ちのころの状態にもう一息。ここなら1発も。
posted by 新マネー競馬+ at 09:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 07予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月17日

ダイワ オークス回避

ダイワスカーレットがオークス回避

20日に東京競馬場で行われるオークス(3歳牝、GI・芝2400m)に出走を予定していた桜花賞馬ダイワスカーレット(牝3、栗東・松田国英厩舎)は、感冒のため同レースの出走を回避することがわかった。
(netkeiba.com )
posted by 新マネー競馬+ at 11:08| Comment(0) | TrackBack(2) | 競馬NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月16日

武豊騎手 タスカータソルテに騎乗

ダービーはタスカータソルテに騎乗します
ダービーの1週前。皐月賞で1番人気の支持をいただいたアドマイヤオーラで、どうやって巻き返そうかと考えていたところでしたが、オーナーサイドから「岩田に代えるから」と連絡があり、あっけなく騎乗馬がいなくなってしまいました。昨日の出来事でした。ジョッキーというのは、あくまでも乗せていただく立場ですから、こういうことがあっても仕方がありません。
(武豊オフィシャルホームページ から)

============追記17日

近藤利一 - Wikipediaより(17日01:30現在の記事)
馬主としての評判

競馬は紳士の競技であるとの考えから、マナーを弁えない競馬ファンの存在を嘆く一方、毎年老人福祉のため夫人名義で大阪市役所に、所有馬のファンクラブに賞金の一部をそれぞれ寄付するなど、篤志家としての側面もある。

また自らの不祥事などのため引退を考えていた騎手の後藤浩輝を励ました。のちに後藤は朝日杯3歳ステークスを制したものの故障のため永らく低迷していたアドマイヤコジーンを安田記念での復活に導き、その恩に報いた。その後の表彰式では2人が抱き合って号泣するシーンが感動を呼んだ。

しかし、自らの所有馬に異様に武豊を乗せたがるなどの傾向があり(事実、ディープインパクトも出走登録していた2006年の天皇賞(秋)の前に、「ディープが出走しても豊は譲らん!」という風なことを公言していたといわれている)、トレセン関係者に対しても馬主の立場を超越した非常に厳しい言動を行う事でも有名で(2007年の日本ダービー出走予定のアドマイヤオーラの鞍上を1週間前に騎乗予定だった武豊から急遽、他馬に騎乗予定だった岩田康誠に変更させるなど)、それらを知る一部の競馬ファンらの評判は良くない。

posted by 新マネー競馬+ at 18:14| 競馬NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第24回東海テレビ杯東海S(G2)

第24回東海テレビ杯東海ステークス(G2)
2007年5月20日(日) 中京11R ダ2300?
サラ系3歳上 オープン (国際)(指定) 別定

シャーベットトーン(白老F) 3着
今年はアレキサンドライトS(1600万)を勝って、重賞初挑戦だった平安Sを0秒2差の3着(2着はフェブラリーS勝ち馬、サンライズバッカス)。前々で競馬が出来るし2100?で2着2回と距離も融通がつきそうで、中京コースは合うでしょう。包まれて競馬にならなかった千葉テレビ杯以外堅実、川崎記念(4着)をはさんでここは勝負気配です。

posted by 新マネー競馬+ at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 注目馬、期待馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月14日

関口会長 配当2億円

「フサイチ」の関口会長が、ヴィクトリアマイル(G1)の3連単228万円を1万円的中!配当は2億2千839万6000円。

関口会長は夕刊フジ日曜版で「景気よくいこうやないか!」の予想コラムを連載中。

今回のヴィクトリアマイルを3連単7頭BOX

2,,5,6,16,17

1点1万円、210通り、合計210万円で見事的中した。
(夕刊フジ)
posted by 新マネー競馬+ at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月13日

東京11R ヴィクトリアマイル(G1)

東京11R ヴィクトリアマイル(G1)
2007年5月13日(日)15:40発走 芝1600b
サラ系4歳上 オープン (国際) 牝 (指定) 定量
◎ディアデラノビア(ノーザンF)
カワカミプリンセス
ディアデラノビアは前走、先行していつもとは違った競馬。距離短縮で早めの競馬を取ったせいかもしれませんが、直線は切れがありませんでした。間をあけた分、動きが悪かったのかこの馬の上がり35秒は過去3番目に遅いタイムでした。ただ、ここで前々の競馬をしたおかげで、すんなりと好位を取って、直線は上手く外へ出せる競馬になれば悲願のG1制覇も。いつもの脚が繰り出せれば上位必至です。相手はカワカミプリンセス。どんな展開になっても最後は上がってくる強さがあります。久々が心配されますが、馬なりで5F、65.5秒の調教では文句の付けようがありません。
posted by 新マネー競馬+ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 07予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月12日

東京11R 京王杯スプリングC(G2)

東京11R 京王杯スプリングカップ(G2)
◎エイシンドーバー
オレハマッテルゼ(ノーザンF)
フサイチリシャール(ノーザンF)
ブラックバースピン
ここは混戦で絞りづらいですが、先団に付けられる組を狙います。◎エイシンドーバーの前走は過去最大の馬体重、ちょっと太かったかもしれません。それでも強豪相手に自分の走りが出来ていました。ここは得意の1400、好位から上位期待です。オレハマッテルゼは調子落ちから復調気配。こちらも得意の1400で、後藤騎手の誘導で一発。ブラックバースピンは先物買いで。
posted by 新マネー競馬+ at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 07予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月11日

第52回京王杯スプリングC(G2)

第52回京王杯スプリングカップ(G2)
2007年5月12日(土) 東京11R 芝1400b
サラ系4歳上 オープン (国際)(指定) 別定

フサイチリシャール(ノーザンF)
ドバイ・ゴドルフィンマイル(6着)から遠征帰りでどうかですが、最終追い切りで坂路4F50秒8〜24秒6〜12秒8の好時計。追い出してからの反応が抜群で力を出せる状態と見ます。一杯に追ったところからここはめいいっぱいの勝負でしょう。芝1400は阪神Cを快勝、東京も実績があります。唯一、気になるところは初斤量となる58キロ。
posted by 新マネー競馬+ at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 注目馬、期待馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月10日

キョウエイマーチ死亡

97年の桜花賞馬、キョウエイマーチ(牝13)が死亡した。死因は出産時における「大腸変位」。8日にノーザンファーム早来牧場で出産。9日に手術を受けたが助からなかった。
posted by 新マネー競馬+ at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月09日

ブラックバースピン

個人的に将来マイルのG1と見ているブラックバースピンが、今週の「京王杯SC・G2」(12日・東京)に出走予定です。
前走は疲れが残っていたようだし、前々走は千二で道中不利があったし。間をあけて馬体回復。先行して上がり34秒台なら、G2でも十分見せ場が作れるかな。軸には…
posted by 新マネー競馬+ at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 注目馬、期待馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月08日

外枠馬の取捨

★幸四郎も「外有利」証言

今週のヴィクトリアマイルはNHKマイルCと同じ1600メートル。最内1枠1番アサクサキングスに騎乗していた武幸四郎騎手は「言っても仕方ないけど、GIでこれだけ枠順に左右されたらアカン」と圧倒的に道悪の影響で外枠が有利であったことを話していた。今週の日曜は7日発表の週間天気予報では雨の心配はないが、外差し傾向が強くなっている今の府中の馬場を考えると、今週も8枠の人気薄には注意が必要かもしれない。
(サンスポ)

今週末は晴れ予報。良馬場でも馬場状態(内外の差)も十分考慮した予想が必要ですね。

NHKマイルCの方ですが、勝ち馬とタイム差が1秒0だったダイレクトキャッチ(4人気)とシャドウストライプ(5人気)は、勝ち馬との上がりタイム差もちょうど1秒0。末脚が期待されたこの両頭(7,8枠)が人気薄の1,3着馬(7,8枠)よりも伸び切れなかった点に限ってみれば、重の巧拙の部分が大きく出たように思います。

posted by 新マネー競馬+ at 10:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。