[ad]サンスポ公認競馬コミュニティ誕生!
競馬のまぐまぐ!
『まぐまぐ!』は、約30,000誌のメールマガジン、1,000万人を越える読者に利用されている日本最大のメールマガジン配信サービスです。

2006年12月07日

第58回朝日杯フューチュリティステークス(G1)

第58回朝日杯フューチュリティステークス(G1)
2006年12月10日(日)
芝 1600m サラ系2歳 オープン (混合) 牡牝 (指定) 馬齢

マイネルシーガル
以前はダービー馬を頻繁に輩出したレースも、ここ最近は後のラジオNIKKEI杯2歳Sに有力どころが回って混戦の傾向に。今年も勝てそうな馬が数頭見受けられ配当的には旨味がありそうです。

マイネルシーガルは、新馬、いちょうSと2連勝。特にいちょうSは落馬寸前の不利を受けながら、直線で力強い伸び。「向正面での不利。あれで馬もケガをしたようでダメージは相当あった。その影響で、この馬本来の末脚ではなかったが、それでも抜け出すんだから現時点ではレベルが違う」(レース後の後藤騎手)、とすると勝負根性は相当なもので、混戦に強いタイプと見ます。
調教は、フサイチギャロップ(4歳500万)、マツリダゴッホ(3歳1600万)と併せ馬。81秒9―39秒0、最後の1Fは馬なりで12秒6、2戦の内容から脚質は自在性があってマイル適性も十分、これなら中山の坂もきっちり上がれるはずです。

競馬ランキング


posted by 新マネー競馬+ at 14:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 注目馬、期待馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。