[ad]サンスポ公認競馬コミュニティ誕生!
競馬のまぐまぐ!
『まぐまぐ!』は、約30,000誌のメールマガジン、1,000万人を越える読者に利用されている日本最大のメールマガジン配信サービスです。

2007年12月22日

中山9R 有馬記念(G1)

中山9R 第52回有馬記念(G1)
2007年12月23日(日)15:25発走 芝2500m
サラ系3歳上 オープン (国際)(指定) 定量

◎ロックドゥカンブ 4着
ダイワスカーレット(社台F) 2着
メイショウサムソン 8着
ポップロック(ノーザンF) 5着
ロックドゥカンブは、潜在能力十分で過去の有馬記念を制した3歳馬と比較しても遜色なしと見ます。初の古馬対戦がいきなり有馬記念で壁は大きくなりますが、南半球産馬で斤量は通常の3歳馬よりもさらに2キロ軽く、53キロでの出走は有利な材料です。それに他馬より半年遅い生まれで成長の余地は十分。菊花賞後の動きも軽快ながら、ますます重量感が出てきています。先行してもきっちりと上がりが33秒後半〜34秒前半マーク出来るダイワスカーレットは、好位から行けたら見せ場十分、馬場渋ればあっと言わせるシーンも考えられます。

メイショウサムソンの強さは、長距離でも好位からいい脚が長く使えること。持続力ある脚が6つのコーナーのあるコースで使われたら、瞬発力勝負の馬にとっては、相当厄介でしょう。データ上、6歳がネックですが、中山コースでポップロックが押さえです。


posted by 新マネー競馬+ at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 07予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。