[ad]サンスポ公認競馬コミュニティ誕生!
競馬のまぐまぐ!
『まぐまぐ!』は、約30,000誌のメールマガジン、1,000万人を越える読者に利用されている日本最大のメールマガジン配信サービスです。

2008年02月16日

競馬ファンの本当の声

バラエティー化で台なし!民放競馬番組は何とかならんか(日刊ゲンダイ記事)

「もう、バラエティー路線は勘弁してくれ!」――。ちまたの競馬ファンからこんな不満の声が聞こえてくる。フジテレビの新競馬中継番組「みんなのケイバ」の評判が良くないのだ。

 これまで、日曜日の午後3時からフジが生中継していた「スーパー競馬」は87年から昨年まで続き、ファンから支持されていた。フジは今年1月にそんな草分け的な競馬番組を全面リニューアル。川合俊一(45)とほしのあき(30)をメーン司会に起用し、「競馬ファンだけでなく、初心者も楽しめる内容を目指す」と胸を張っていた。

 しかし、いざフタを開けてみると……。

「“競馬はまったく知らない”というほしのはもちろんですが、大の競馬ファンとの触れ込みだった川合も初心者丸出し。“当たった!外れた!”と大騒ぎするだけで、落ち着いて見ていられません。予想の参考になるような情報や分析は減っているし、2人ともしゃべりがたどたどしいからヒヤヒヤしてしまう」(マスコミ関係者)

 フジとしては、あまり競馬に興味がない層にアピールすることが狙いだったのだろうが、今のままではこれまで中継を見ていた競馬ファンが離れるのは確実。本末転倒だ。

「狙いも完全にブレています。ほしのは競馬中継だということを意識してか、露出の少ない衣装で中継に臨んでいる。セクシー路線を期待されているのに、あまりにも中途半端です。川合の起用にしても、6年近く司会をしていたフジの午前中の情報番組を打ち切ったことに対する救済措置なのはミエミエ。現場では疑問の声が上がっています」(テレビ関係者)

 テレビ東京の「ウイニング競馬」も俳優の萩原流行が司会を務めているが、こちらも“片手間感”がありありで評判は良くない。競馬番組にしろ、スポーツ中継にしろ、民放がバラエティー化に力を入れるとロクなことがない。

【2008年2月12日掲載】
http://news.livedoor.com/article/detail/3511312/


posted by 新マネー競馬+ at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | スポ、芸能NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。