[ad]サンスポ公認競馬コミュニティ誕生!
競馬のまぐまぐ!
『まぐまぐ!』は、約30,000誌のメールマガジン、1,000万人を越える読者に利用されている日本最大のメールマガジン配信サービスです。

2008年03月10日

サンアディユ オーシャンSがラストランに

アディユ発走前に“アクシデント発声”
8日の中山メーン、オーシャンSで圧倒的1番人気のサンアディユがスタートで大出遅れ、最下位の16着に沈んだ。内田博は「馬がゲートを潜ろうとして、それを引き上げようとした時に切られてしまった。これも競馬、仕方がない」と肩を落とした。

 この発走に対して他の騎手からはクレームが起こった。ゲートを切る瞬間にスターターが「開けるぞ!!」と声を出したが、何人かの騎手は「後ろを開けるものと勘違いした」と語った。サンアディユが長い間ゲートで暴れていて、通常なら馬を出してゲート入りをやり直すことが多いために誤解を招いたもの。JRA発走委員の川崎氏は「態勢が整った時にサンアディユの厩務員が飛び出して微妙にずれた。他の馬も動いていたし、あのタイミングしかなかった。喚起を促すために開けるぞと言った。誤解を招いたのはしようがない」とした。
(3月9日 スポニチ)


オーシャンS大敗翌日…アディユ急死
8日の中山・オーシャンSで16着に敗れたサンアディユ(牝6=音無)が9日正午すぎに急死した。獣医が駆けつけた時には馬房内で倒れている状態。すぐに競走馬診療所に運び点滴などの治療を施したが回復することはなかった。解剖の結果、心不全と判明した。

 単勝1・7倍の1番人気に推されたオーシャンSではゲート内で暴れた上に、スターターとの呼吸も合わず致命的な出遅れ。しんがり負けに終わった。中山を午後6時24分に出発、栗東トレセンには深夜0時半頃に到着。その後に体調が急変したと見られる。サンアディユは昨年のサマースプリントシリーズのチャンピオンで短距離戦線の主役として期待されていた。JRA通算18戦8勝。重賞はアイビスサマーダッシュ、セントウルS、京阪杯。
(3月10日 スポニチ)
http://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2008/03/10/01.html
posted by 新マネー競馬+ at 09:03| Comment(0) | TrackBack(1) | 競馬NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/88987990

この記事へのトラックバック

サンアディユ 次走のウラのウラ
Excerpt: オーシャンSとチューリップ賞です。オーシャンSとチューリップ賞です。オーシャンS...
Weblog: 芸能界のウラ
Tracked: 2008-03-10 14:49

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。